読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No thanks I'm full.

一人旅記録用ブログ備忘録として使用していましたが、YMSに当選したのでイギリスのワーキングホリデー備忘録にします。英語も何もかもさっぱりですが、何とか生きてます。

おせち作ります その4

○卵焼き

皆大好き卵焼き。大量に作るので卵の量が半端じゃありません。材料は卵20個、顆粒だし、白醤油、砂糖大盛りです。まず卵を割りまくり、菜箸でがんがんまぜます。早う終わりたい。

混ぜ終わったら大きく広げたガーゼ素材の布巾に流し込み、絞ります。

f:id:ogin29cm:20160102103739j:plain

グランマのハンドが写り込んでおる

 

こうすると卵の繊維が切れ、なめらかな口触りになるそうです。その後顆粒だしや砂糖をとかし、更にまぜまくります。ちょっともう疲れました。

 

この辺りで疲労のピークに達したのでソファーに倒れこみました。それにしてもグランマは凄い。私に的確な指示を与えつつ、お磨きや門松の用意、カーテンの付け替えまでしてしまいます。「昔と比べたら大分色々できなくなってね……やっぱ歳だねぇ」と呟きますが中々賛同できません。「大変なら私が卵焼きやろうか?」と心配するばあちゃんに左手で(いい)と返事をし、ナメクジのようにはって台所へ向かいます。ここまで来たのだから最後までやり遂げたい。

 

熱した長方形のフライパンをオリーブオイルを染み込ませたガーゼで拭い、おたまで卵をすくいます。普通の卵焼きを作る要領でがんがん作っていきますが、最後だけ少し違います。

 

f:id:ogin29cm:20160102211851j:plain

なんか簾みたいなのとガーゼを用意します。そしてここに卵をのせ、簾を強めに巻き、後をつけます。

 

f:id:ogin29cm:20160102212036j:plain

するとこんな感じで表面がでこぼこに。

 

焼くときに多少形が崩れてしまっても、ここでぎゅうぎゅうに巻くと綺麗になるので気にしません。これで完成です。

 

 

 

○にんじんの花形切り(おまけ)

煮物を作るつもりでにんじんを切りましたが、時間切れのため完成せず、最終的にお雑煮の花になりました。切り方だけ載せておきます。

 

 

f:id:ogin29cm:20160103100530j:plain

まずにんじんを五角形になるように切ります。私はこれができません。グランマに切って頂く他ありません。一人では決してできないおせち料理の一つです。

五角形の辺ごとに差し込み傷のような凹みを作り、縦に切っていきます。その後切り口部分に2mm程切れ込みをいれ、花弁にあたる頂点から斜めに切り、花びらの形を作ります。

 

f:id:ogin29cm:20160103101307j:plain

説明が下手くそすぎて申し訳ない。

 

 

 

そんなこんなでお節が完成しました。今回はおせちを小出しにする&既製品を混ぜる  陣形だったため、一挙に写真におさめられず残念。

f:id:ogin29cm:20160103102028j:plain

 

調味料を明確に測っておらず、途中「つらい」「大変」と愚痴ばかりで、何の参考にもならないブログです。本当すみません。来年もやるかわかりませんが、やるなら頑張ります。