読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No thanks I'm full.

一人旅記録用ブログ備忘録として使用していましたが、YMSに当選したのでイギリスのワーキングホリデー備忘録にします。英語も何もかもさっぱりですが、何とか生きてます。

携帯が(やっと)買えました

クラスのイタリア人から風邪をもらい、ゴホゴホいう日々ですこんばんわ。日本の薬が効きません。

やっと携帯を購入できたので、今日はその経緯を説明します。

 

★1日目★

私は日本でiphone6を購入しましたが、SIMフリーではありません。

よって安くて使い勝手がよいと評判のgiffgaffで携帯とSIMを買おうとしました。

www.giffgaff.com

 

 

気に入った機種とSIMを選択し、いざ購入…と思って口座番号を入力しても、なぜか引き落としの際にエラーの表示が出てきてしまいます?Why?

ホストファミリーに泣きつきいて一緒に再チャレンジしても結果は同じです。しまいには「不正なアクセスの可能性があるためブロックします」という旨の表示が。

やめて折角作ったイギリスの口座凍結しないで。

結局この日はこれ以上何もできず、不安な一夜を過ごしました。

 

★2日目★

giffgaffに問い合わせをするか、口座をアンロックするか、選びたい放題です(ヤケ)

どちらも英語力のない私にとっては難易度が高すぎます。この2つを1日でこなそうと思うとそれだけで頭痛がします。

とりあえず口座が凍った時にはどういう対処をすべきか学校の事務員さんに聞き(困ったことがあると何度も聞いているので、そろそろ「なんやこいつ…」と思われているに違いない)銀行のホームページを見ながら色々と教えてもらいました。

すると教えているうちに楽しくなってきたのかヒートアップする事務員さん。

おもむろに銀行のサポートセンターに電話するため受話器を取る事務員さん。

なにやら剛速球の英語でサポートセンターの人と会話している事務員さん。

突然手渡される受話器。

「あなたが次の質問に答えてね!」とジェスチャーで教えてくれる事務員さん。

 

 

な ん ば し よ っ と

 

 

日常会話すらままならない私にとって電話は鬼門中の鬼門です。身振り手振りが通じないため意思疎通が超困難です。できれば生涯英語で電話はしたくない!

結局およそ20分間で5人ほど担当がかわりましたが、何の成果も得られず終了しました。「次の担当にかわります。いいね?」の言葉の意味すらわからず繰り返し聞きまくってたからな。

しかしそんな問題も店舗に行って直接手続きしてもらえばすぐに解決できました。マジであの電話はなんだったんだ。

その後再度giffgaffでネット注文しようと思いましたが、やはり引き落としがかかりません。もういい……もう疲れた……ということで、giffgaffに問い合わせはせず、手頃な携帯とSIMカードを求めて旅に出ました。

 

 

★3日目★

オックスフォードの携帯ショップをしらみつぶしに探します。学生街だからか、学生向けの手頃な携帯を扱っている場所はとても多いと感じました。

私が探していた携帯に求める要素は以下の通りです。

 

・通信環境は無制限または20GB以上(ネット厨なので)

・携帯本体はできるだけ安く(電話、メールはほとんど使わないため)

 

イギリスの携帯はテザリング用機器に使う気満々です。ipone6のネット環境さえ整えばそれでいい過激派です。しかしお店には10GBまで、無制限だけど2年間契約が必要(私は1年間のみ渡英予定)な携帯&SIMばかりで、なかなか理想のものにめぐりあえません……うーむ

 

しかし諦めかけていた時に入ったVodaphoneの店で良い出会いがありました!

テザリングできる携帯が£35  25GBまで使えるSIMが£25/月! 安い~~~これに決めた!

そんなわけですっかり暗くなった空をガラス越しに見ながら携帯を買いました。はーこれで一安心。よかったよかった。

 

しかしその日の夜、携帯がエラーでネットに繋がらないことがわかりました。

私はその事実を認識した瞬間、気を失うように寝ました。

 

 

★4日目★

墓から出たてのゾンビの方が血色いいだろ、ってくらい土気色した顏をひっさげてVodaphoneショップに再来店しました。お店のおねえちゃんがネットに繋がるようにしてくれました。

 

 

 

おしまい(書いてるだけでも先日の疲労感を思い出して涙が出そうです)